ブログ、蟹鍋の裏です。 誰がなんて言おうと裏です。 表には出せない卑猥なものから、 個人的に身内に見られると恥ずかしい読み物などを置いていこうと思います。 絵茶でハジケすぎた場合もこちらに。 たぶん更新頻度は少なめ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2節
○赤い記憶○



親父が再婚したのは、俺がまだガキの頃。
おふくろは俺が3、4歳位の時に交通事故で死んだらしい。
その3年後、遠藤貞子という名前の女が親父と結ばれた。

遠藤貞子は親父が高校生だった頃の同級生らしい。
それなりに美人だし、40代後半の今でも老いを感じさせない。
快活で明るく、誰にでも好かれるような性格をしている。
表向きは。

親父は仕事で家に居ない事が多く、また泊り込みも多かった。
そんな時はいつも、俺は遠藤貞子に近寄らなかった。

殴られるからだ。

遠藤貞子は親父の居ない時は、決まって俺を殴った。
理由は簡単だ。
俺がお袋の子供だから。
遠藤貞子は昔から親父のことが好きだったみたいで、
親父を盗ったお袋を憎んでいた。
近所の噂では親父がお袋と結ばれた時は半狂乱していたらしい。
お袋が事故で死んだことで、一応復帰したみたいだが…

その後が問題だった。
幼馴染ということもあり、親父は遠藤貞子の面倒を見た。
だけどそれによって二人の距離はさらに縮まり、
結果として二人は結婚。
遠藤貞子は、憎い女の息子と一緒に暮らすことになった。

その頃の俺は純粋だったと、自分でも思う。
最初はただのしつけとして殴られているのだと思った。
でもすぐに違うことに気付いた。

ドアを閉める音がうるさいと言われ殴られた。
食事をほんの少し残しただけで殴られた。
風邪を引いて学校を休むと殴られた。

だからなるべく静かにドアを閉めるようにしたし、
食欲がなくても食べ物は残さなかったし、
病気でも無理して学校に行った。
それでも殴られた。

病院の世話には何度もなった。
そのうち病院の先生と顔見知りになった。
いざという時助かるが、あまり嬉しいことじゃないと思う。

何をどうやっても殴られるから、俺は家に帰ろうとしなくなった。
ギリギリまで舞や友達と遊び、
夜遅くに寝るためだけに家に帰る。
朝は5時に起きて家を出る。
朝食は全て近所のパン屋のおこぼれ。
6時前には学校に着くから、始まるまで足りない睡眠時間を補う。
学校での授業はちゃんと受け、休み時間は思い切り遊ぶ。
学校生活は充実してるかのように聞こえるが、実は学校でも色々あった。

いじめだ。
友達になってくれた奴らは皆して俺をかばってくれたが、
調子に乗った馬鹿はどこにでもいるもんだ。
何度もいじめようとして来る。
いじめの理由は簡単だ。
俺がハーフだからだ。
日本人である親父の血が濃く出ているが、
青い瞳が純粋な日本人であることを否定する。

八方塞がりの状態が数年続いた。
名前で呼ばれるたびに、世の中が嫌いになっていくのが解った。

アカシア。
それが俺の名前。
花の名前から取ったもので、花言葉は「真実の愛」…
だが俺は愛がどんなものか知らない。
もう忘れてしまったと言ったほうが良いだろうか。
それに自分の名前は嫌いだ。
俺がハーフである、一番の証のような気がするから。

外国人であるお袋と結婚した親父を、俺は憎んでいるわけじゃない。
ただ、納得できなかった。
お袋が死んで、なんで遠藤貞子と再婚したのか。
それはお袋を捨てたことと変わりないんじゃないか。
責めたいことは沢山ある。
でもそんなことを言う暇がないほど、遠藤貞子を憎んでいた。

高校に入ってからようやくいじめもなくなり、
一人暮らしを始めたことで俺の生活も落ち着いてきた。
それでも遠藤貞子の話をされると、怒りで手が震えてくる。

いつ殺してもおかしくなかった。

実際その一歩手前まで行った。

それでも殺さなかった。

いや、殺せなかった。

それはある事件が原因だった。

その事件とは…

「……く…?あっ…ん?……くん?」

幼き日の思い出が、まぶたの裏にフラッシュバックする。

俺は…刃物を手に…奴を…



舞「あっくん? ちょっと聞いてるの、あっくん!?」
ハッとして左を見ると、舞が心配そうな顔でこっちを見ている。
その視線は「あの日」を思い出していた俺には、痛かった。
舞「どうしたの、ボーっとして…?」
大丈夫?と聞いてくる舞に、戸惑いながらも返す。
アカシア「あ…ああ、大丈夫だ」
舞「全然大丈夫に見えないんだけど…?」
アカシア「心配しなくても、平気だから」
舞「なら良いけど…あんまり思い詰めちゃ駄目だよ?」
こいつは昔からこういうことには勘が鋭い。
アカシア「解ってる…つもりだ」
舞「ほら、元気出して! 空元気でも元気の内だよ!」

努めて明るく話しているが、暗い空気に飲み込まれないよう、
舞なりに頑張っているからだろう。
本当に頑張らなくちゃいけないのは俺なのに…
何をやっているんだ、俺は。

アカシア「頑張らないとな…」
舞「え、何? なんて言ったの?」
舞の顔をまっすぐ見て、努めて明るく、笑顔で、
アカシア「なんでもない」
答えた。
突然の笑顔で、舞は驚いたようだった。
でも次の瞬間には、一緒に笑ってくれた。

なぁ、俺はちゃんと笑っているだろうか。
ぎこちない顔になっていないだろうか。
明るく振舞っても、内心では、まだそんなに明るくなれなかった。













○後書○

はいはい第2節ですね。

またなっげー!

しかもまた暗い!
そしてまだヒロインが出ない!(笑)

本編のヒロインが登場したあたりから、
一気にコメディタッチになりますがね。
ヒロインはギャグ担当なのでございます(笑)
登場を楽しみにして頂けると嬉しいな。

ではではこの辺で。
ばいちゃ!











ヒロイン登場まであと1、2話。
それまで暗いぞ(何言ってんの)
スポンサーサイト
第1節
○日々、過去、捕縛○



2168年 12月

終業のチャイムが鳴り響く。
それと同時にバタバタと教室を後にする青年がいた。
教室を出て、まっすぐな廊下を全力でダッシュ。

生徒「うわっ! あっぶなぁ…」

教諭「君っ! ちょっとうるさいぞーっ!!」

先生「また高野木か…」

ちょうど教室から出てきた人とぶつかりそうになり、あわてて回避。
さっきまで受けていた授業の担当とは別の教諭に怒鳴られる。
親しい先生に呆れられる。
それはいつもの光景。

高野木と呼ばれた青年は、男にしては長めの髪をなびかせながら、
階段を二段抜かしで一気に駆け上がる。
息を弾ませながら屋上への扉を開けると、
よく晴れた空が広がっていた。

呼吸を整えつつ、あたりを見渡す。
大学の屋上にやって来る奴なんかそうはおらず、人影はなし。
真冬ということも拍車をかけているのだろうか。

高野木「舞は…やっぱまだ来てないか」

舞「もう来てるよ。あっくん」

頭上から声がした。何故頭上から?
不思議に思い見上げる。
ちょうど屋上に出てきたところの真上、
貯水タンクの根元に見慣れた幼馴染の姿。
仁王立ちでこちらを見ている。

高野木「おいおい危ねーぞ、舞」

舞「平気だって。あたしの運動神経知ってるでしょ?」

高野木「社交儀礼だ」

舞「ちょっと、せめて半分くらいは心配してよ!」

高野木「平気なんだろ?」

舞「ちぇっ…いいよいいよ、いいですよーだ」

舞いは不貞腐れながらも屋根の上から高野木のいる所まで
ピョンと事も無げに飛び降りた。

体は小さくて細いが、顔は綺麗に整っており、
短めの髪が活発そうな雰囲気にしている。
見た感じではとても可愛らしいが、
常人とは明らかに異なった点が一つ…

高野木「新しい義手の調子はどうだ?」

舞「うん、凄く良いよ」

腕から肩口にかけての、義手。
それも普通の義手ではない。
アストリウムを使用した特別製である。
人体との相性は良いが、ほとんど義手義足には使われてなかった。

発見された当初から、
義手義足などに使用する計画があったアストリウムではあるが、
大きな問題が一つあった。

舞「新型チャンバーが凄く小さくて軽いから楽だよ。
  普通の腕とほとんど変わらない大きさになったって」

チャンバーの存在である。
チャンバーとは2つのエネルギーを圧縮充填させ、
より大きなエネルギーにする装置なのである。
が、元々アストリウムと人体の相性は最高であったがために、
チャンバーの介入により熱量バランスが大きく崩れてしまったのだ。
今でこそ放熱量0のチャンバーが開発されたが、
最近までチャンバーは非常に大型だったのである。
もちろん、それなりに重量もあった。

舞「これ、左手とほとんど同じ感覚なんだよ。凄いよね!
  やっぱアンドロイドの技術が進んだからかな?」

高野木「バイオロイドが世に出始めたのも大きいんじゃないか?
    つい数年前までは漫画でしか見たことなかったのにさ」

二人して雑談に花を咲かせる。
穏やかな時が流れているようだった。

舞「あ、今日さ、どっか遊びに行かない?
  新型の性能を試す意味も兼ねてさぁ…」

舞は不敵な笑みで高野木に詰め寄る。

高野木(試すって…どうせまたパンチングマシンなんだろうな…)

舞「ね? いこ?」

しかし渋い顔でこう答えた。

高野木「悪い。俺、今日は早く帰らないといけないんだ」

舞はびっくりした顔で高野木を見ている。
まさか断られるとは思っていなかったのだろう。

舞「え…なんで?」

高野木「親父とババアが来るんだよ…」

それだけで舞は全てを理解し、眉間にしわを寄せた。
舞は知っているからだ。彼の胸の内を。

高野木「親父は良いとしても、ババアは最悪だ。
    正直、存在すら許したくない」

ひどい言い様だが、舞はそのことを否定しなかった。

舞「男の子でお母さんが嫌いな家庭って、珍しいよね」

高野木「あんな奴は母じゃない! 赤の他人だ!!」

叫んだ。
あれほど穏やかだった空気が、一変していた。

高野木「あいつは自分の面子が一番大事なのさ。
    自分のためなら平気で家族を捨てる…
    いっそのこと捨てて欲しかったのに!」

舞「あ、あっくん! 落ち着いて…」

高野木「…すまん。取り乱した」

舞「良いんだよ。…この話はおしまい!
  じゃ、そろそろ帰ろう。一緒にさ」

高野木「…ああ」

暗い気持ちを忘れようと、ドアノブに手をかける。
振り返ると舞の笑顔と、青い空。

高野木(話だけでこんなに頭に血が上ってくるなんて…)

格好悪い。高野木アカシアはそう考えていた。

アカシア(アンドロイドとして生まれてたら楽だったんだろうな…)

ひんやりと冷たいドアノブが手を通じて、
血が上った頭を冷やしてくれているような気がしていた。




○後書○

先日に続いて書き始めてしまいました。
多分この文章、拙者が描いてきたブログ記事の中で最長です(笑)
後々、もっと長くなります(何)
続き方が基本的に暗めですね。
わかってます。
でも物語自体は軽い感じで行こうと思いますので、
軽いのが好きな人は、せめて第1章が終わるまで…

さて、キャラについて解説でもしましょうか。

○高野木 アカシア
彼の本名は違うんですが、それはお話の中でってことで。
大して重要なことでもないんですが、今はまだ序盤ですから。
で、名前の由来になったのは皆様ご存知アカシアの花。
暗い過去を持つ、ちょっと口の悪い青年です。
身長176cmの4年制大学の1年。
サークルにも入らず、のんびりと暮しているようです。
割りと拙者に近い性格のキャラにしました。
動かしやすくなるので。

○羽鳥 舞
幼馴染キャラ。普通の女の子だと思ったら実は…?
とある理由からアカシアは彼女に頭が上がりません。
おつむが弱く、赤点女王(クイーン)という称号を持っています。
身長150cm、細身。
性格は真っ直ぐ。快活とした印象ですが、半分は空元気。
アカシア関連の事件が過去にある。

後書も長くなったね!
それでは皆様、このへんで。
次回もよろしく!
早朝、空が白ずみ朝もやが出始めた頃。
巨大な工学企業「夜叉グループ」のビルの一室に、ぽつんと明かりがついていた。
周囲のビルよりも一際高く、高級感あふれる超高層ビル。
世界の全てを見渡せると思わせるほど威厳にあふれており、
事実、世界シェアの半数以上を占めている商品もたくさんある。
それが「夜叉グループ」であり、その存在を知らない者はいないと言われるほどである。
世界の経済を握っていると言っても過言ではない。

その「夜叉グループ」の一室についていた明かりが消えた。
光は日の出前の空の色だけ。
青紫の薄い光の中で、都市と夜叉グループのビルは静かにたたずんでいる。
しかし次の瞬間…

破裂。

耳をつんざくほどの音を立て、
薄暗い空を切り裂くように、
炎に包まれ倒壊する。
巨大なビルは、周囲の建物を巻き込んで消えていく。

「目標の爆破を確認。生存確率、0。生体反応、目標周囲500m、0。」
機械的に響く声。
何かを押し殺したように淡々と響く。
声の主はビルから遠く離れた高台の上で爆発の様子を見ていたが、
しばらくしたら、そこから逃げるように立ち去った。
「さようなら、博士…」
小さく、小さく、つぶやいて。
2132年。
史上最大の大恐慌を乗り越え、奇跡的なスピードで産業に復帰した国、日本。
しかしその復帰の裏には、はあらゆる負担を国民にかけ、内側から崩壊していくのは目に見えていると考えられていた時に降ってきた、
一つの流れ星の存在があった。

流れ星は小型の隕石であり、その大半が日本に落ちたのである。
その隕石には、後にアストラルと名付けられた未知の超硬金属物質が大量に付着していた。
日本はアストラルの成分を国力をあげて解析、再現することを実現させた。
しかしオリジナルのアストラルには地球にない成分が含まれているため、
アストラルのレプリカは「アストリウム」と言われ、区別された。

そして日本は特許を取り、アストリウムを大々的にリリース。
自律ロボットの装甲にアストリウムを使用したのである。
全世界から注目の的にされ、アストリウムの生産も安定。
ロボットの派生型のドロイド、アンドロイドも開発され、
見事恐慌からの復帰を果たしたのである。

そして、時は2168年。
この物語は過去に縛られる青年と、1機の女性型アンドロイドのお話である。



「 ガイノイド 」
一応モンハン絵

モンハンエロ第3弾!
…一応だってば。
P2で新しく追加された髪型。たしかザザミ結びだっけか?
巷じゃアスカとか言われてますがね。
ちなみに拙者のセカンドもこの髪型。
赤とオレンジの間っぽい色で~ってまんまアスカやんけ!

モザイク入れたけど、これは失敗したのを隠すためです(何)
別に他意はないので「ちゃんと見せろ」とか言わないでください。

あ、そうそう。
このブログ、表の延長線みたいな感じでやってるんで、
気軽にコメントくれると嬉しいですぜ!
偽名でもなんだって良いですから~。
絵のアドバイスとかもあると喜びます。

…延長線っていうか、はきだめです(笑)
絶対可愛いと思うんだ!

レザーライトU女装備。

レザーライトUの頭装備はあまり人気がない…
少なくとも2のオンで着けてる人を見たことない。
可愛いと思うんですけどねぇ

そりゃ、防御力やらスキルがどうとかもあるでしょう。
でもそれでも使うのが愛でしょ!

P2じゃそれなりに防御力上がるみたいですし、
何よりスロット3だし!

2ndキャラの主要装備にするよ。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 闇鍋 all rights reserved.
プロフィール

蟹殻

Author:蟹殻
表のほうでエロイと言われ続け、
ついに裏ブログまで…
当たり前だけど無断転載禁止。

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。